2010年06月25日

浮世絵 (genre painting)

今日は「英語で学ぶ日本文化」の授業で、浮世絵と水墨画を取り上げ
ました。日本文化を英語で説明するのは難しい、と思う人が多いですが、
ポイントとなる単語さえ押えれば、あとは中学レベルの英語である程度
説明することができます。

浮世絵と言えば、私は広重の「名所江戸百景」が大好きで、いつかは
全種類そろえて、毎日違う絵をとっかえひっかえ部屋に飾るというのが
夢です。独特な構図、当時の人々の風俗など何時間見ていても
飽きません。
ところで、この「名所江戸百景」、英語ではなんというでしょう?

簡単です。
'One hundred famous views of Edo'です。
「東海道五拾三次」は 'Fifty-three stations(stops) of the Tokaido Road'、
北斎の「富嶽三十六景」は 'The thirty-six views of Mt. Fuji'です。

そのまんまの訳ですね(笑)

ちょうど今、山種美術館で「東海道五拾三次」の特別展示をやっています。
興味のある方はぜひ。

http://www.yamatane-museum.or.jp/exh_current.html




posted by しゅ at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

英文法を学ぶコツ

英語の勉強というと、いきなり英文法から始める人がいる。
文法書の最初のページから完璧にやろうとして、つい基本5文型から始めてしまったら最後、だいたい第4文型(SVOO)あたりで力尽き、その後急速に興味を失ってしまったりする。受験勉強ならそれでも無理やり続けるのだろうが、成人が特に目標もなくとりあえず英文法を・・というのには、やはりモーチベーションを維持する何らかの刺激や目標がないとツライ。では、TOEICや英検など英語の試験を目標にすれば文法の勉強は続くのかというと、それも疑問である。なぜなら試験を意識した文法の勉強は、穴埋め問題に対応できるようなやり方や、文法の公式をただ丸暗記するだけの作業になりがちで、とにかくツマラナイからである。

では、どうしたら楽しく英文法を学べるのだろうか。
ひとつの方法として、まずは自分が「日本語で」言いたいことや話したいことは何かを考えてみる。旅行、映画、食べ物、文化、歴史 等々。欲張らないでまずはその中のひとつにスポットを当て、それを話すのに知っていたら便利だと思われる文法事項や構文のみ、集中して学習してみる。例えば旅行が好きなら、これまでに訪れた場所や食した物、珍しい体験等があるはずだ。これらを気持ちを込めて話すには「現在完了形」が役立つ。現在完了形には「経験」という用法があるので、単に過去形を使うよりも、物事をぐっとリアルに表現できるのだ。'I visited Tower of London'.と過去形で言うと単なる過去の出来事の報告だが、
'I have visited Tower of London'.と言うと、報告だけでなく当時の情景や楽しかった気持ち等を一緒に表現できる。過去形は「点」でしかないのに、現在完了形は現在にまで続いている気持ちの「線」を表せる。こんな風に英語を実際に使っている状況をイメージして文法の勉強をすると、俄然覚えもよくなり、つまらない穴埋め問題のことなどどうでもよくなるはずだ。

何事も楽しくなければ続かない。世間の勉強法にとらわれず、自分だけの楽しいやり方を開発することが、文法攻略の一番の方法である。
posted by しゅ at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

単語のビジュアル化

今日から夜間の講座が始まった。
これから12月中旬まで、毎週火・水の夜が仕事で埋まる。普段はあまり気にしていなかったが、今日外出する時、こんなにも日が短くなっていたのかと実感。6時過ぎになると、もう真っ暗だ。

さて以前、「言い換えのスキル」について少し書いたが、今日の授業でも同じような内容が出てきた。そのうちのひとつ、「私の仕事は接客です」。この「接客」をどう言うか?コツをつかんできた受講生からは、たくさんいい表現が出てきた。
handle, serve, help, attend, take care of, deal with..... 全部が全部同じ意味ではないが、「世話をする、応対する」という意味においては、どれも共通している。あとは、その場面に一番合ったものを選んで使える能力をつければよい。例えばレストランの給仕なら、I serve customers food.(私は客に食事を出す)だし、クレーム客に対してなら、I deal with angry customers.(私はクレーム客の対応をする)だ。

語彙を増やす作業をしている時に大切なことは、やみくもに単語を覚えるのではなく、必ずその場面設定を一緒に覚えるということだ。上記なら、食事を運んでいる(=serve)ウェイターの姿や、怒鳴る客に対して冷静に対処している(=deal with)販売員など・・・。単語を見て場面が思い浮かぶ、つまり状況をビジュアル化できれば、覚えようとする単語の定着率と場面に合った語彙を選ぶ能力は、かなり高いものを期待できるはずである。

posted by しゅ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

言い換えのスキル

今日は10月末から始まる予定の、2つの講座の説明会+デモレッスンに出かけた。
2つのうち、1つは既にほぼ満席。問い合わせが多いらしいので、参加枠をあと
2席増やした。もう1つの講座も今日の説明会後に、パラパラと席が埋まったようである。
感謝。

ところで後者の講座は、「英語で学ぶ日本文化」というものなのだが、結構な長寿講座で、もうかれこれ6年くらいやっている。様々な日本事象や文化を英語で説明するという講座で、幅広い年齢層が学びに来ている。ボランティアで外国人に観光案内をしたいとか、留学前に日本のことを説明できるようになりたいとか、仕事で外国人を接待する時のために備えておきたいとか。日本文化を日本語で説明するもの大変なのに英語でなんて無理、と思うかもしれないが、これにはコツがある。それは「言い換え=paraphrase」を習慣にすることだ。

例えば、「座禅」はどう言うか?
座禅そのものを翻訳しようとするとどうにも難しいが、要は「座ること」である。つまり'sitting'だ。正式には'sitting in meditation'と言って、直訳すれば「瞑想の中に座ること」であるが、その時に禅の話をしているならば、sittingが座禅だということは明白である。このように、まずは説明したい内容を易しい日本語に置き換えてから英訳すると、今の自分のレベルでも結構言えたりする。慣れてくればいちいち他の日本語に置き換える作業をしなくても、言い換えスキルでさらっと英訳できる。もちろん、ある程度の語彙力は必要ではあるが。

実は、この「言い換えスキル」が英会話上達のコツだったりもする。また、英語だけに限らず、言い換えが上手にできると、コミュニケーション力もぐんとアップする。両者とも内容そのものの難易度ではなく、どう伝達するかが重要なカギを握るのだ。

posted by しゅ at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

英語の電話応対

現在、表題のテキストを作っている。
基礎編なので、正しいスペルの言い方とか番号を読む時のコツとか、基本的な電話での
会話や表現などをまとめて載せている。演習をたくさん入れて、受講生の皆さんにたくさん
発話してもらえるような内容だ。

企業研修では、この電話応対と英文e-mailの人気が非常に高い。多くの人が、英語の
電話応対は難しいと言う。確かに、相手の顔が見えず音声も悪い中、異なる言語を聞いて
それなりの対応をし、メッセージまで取らねばならなくなったりするから大変である。
しかし、果たして英語の電話応対は本当に難しいのだろうか?

実は、私はそうは思っていない。
確かに音声を聞くのはしんどい。が、電話の英語は普通の英会話よりも、使う表現や単語がかなりパターン化されており、非常に機械的なやり取りとなっている。また、ある程度決まった流れもある。よってパターンや流れを覚え、それなりの決まり文句を身につければ、愛嬌をふりまく必要もなく、淡々と飄々とこなせるはずなのだ。顔は笑ってなくても声が笑っていればよい。英語の電話応対を克服するには、パターンを覚えて1に練習、2に練習。車の運転と同じだ。流暢さよりも、「正確さ、分かりやすさ」が命なのである。

posted by しゅ at 23:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

英語はどこまで学ぶべきか

よく聞かれる質問。
「どうしたらTOEICのスコアが伸びますか?」

そりゃアナタ、黙々と地道に勉強するしかないでしょう・・・と言うところなのだが、私はまず
「英語で何をしたいのか?」と聞き返すことにしている。
ただ単に、TOEICのスコアだけを上げればいいと思っている人はそう多くないと思う。
英語力をつければ何かを実現できる可能性があるから、ついTOEICを先に考えて
しまうのだ。
自分は何を実現したいのか?それをするためには、TOEICでの高得点が本当に必要
なのか?もしかすると英語は既にそこそこのレベルに達しており、あとはしたいことを追求
していく方が夢に近づけるのではないか?必要以上に英語の勉強をしようとしていないか?
TOEIC神話に囚われているだけではないか?

世の中、まるでTOEICのスコアがすべてのような風潮がある。それに翻弄されて、本来の
目標を見失っている人が多い。夢を実現するためには、どのくらいの英語力があれば
十分なのかを冷静に判断し、無駄なことはするべきではない。

英語は道具であり、勲章ではないのです。

(こんなこと書くとTOEIC関係者に怒られるかな?:笑)

posted by しゅ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

-er かmore -か

比較級の作り方の話だ。

ルールでは、2音節以下の短い形容詞には -er をつけて比較級を作ることになっている。
例えば、quiet なら quieter だ。
しかし・・・実はこれ、more quiet とも言えたりしてしまう。
他にも、clever とか pretty も両方言える部類の形容詞である。

ルールがうまく当てはまらないのに、どちらも不自然に思えないのは、多分留学時代の
影響が大きい。毎日英語を聞いていて、「?」と思うことがあっても、それをそのまま
ネイティブが話す「日常語」として、「そういうもんか」と自然に受け入れていたからかも
しれない。・・・まあ、深く考えずただ慣れたというだけか(笑)

言語の使い方は日々変わっているため、学校で学んできたルールが必ずしも正解だとは
限らない。嬉しいことではないですか!

posted by しゅ at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

TOEIC

個人的にはあまり好きではないのだが、ちょっと一言。
TOEICのパート7では、とにかくこれでもかというくらい色々なビジネス文書を
読まされる。前半のリスニングで既にかなり疲れているところに、あの量である。
読んでいると、もうどうでもよくなってきたりもする。

時間配分として、パート7の設問は1問1分で(1題ではない)解けると、かなり
時間的に余裕が出るはずた。問題を単独で解いてみると、1問1分というのは
結構ラクなのだが、あれが何題も続くとやはりスピードダウンする。

このパートをうまく乗り切るには、「読む」というよりも「探す」「認識する」「気付く」と
いった能力が必須。速読テクニックである skimming や scanning をオートマチックに
使えれば、1つの設問を数秒で解くことも可能だ。
英語は、じっくり取り組まない方がいい結果が出ることもある。
TOEICがそのいい例ではないだろうか?

ただ、それが本当の英語の実力か?というと、非常に疑問ではあるが。

posted by しゅ at 23:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

英語は短期集中

新規の英語コミュニケーション関連講座を提案しに行ったら、
「最近は短期&実践的な講座が受けている」と、担当者が言っていた。
英語の講座はTOEICや英会話のごとく、長期でダラダラと続くものが多いが、
実は私も個人的には、英語は短期集中で勉強するのが最も効果ありと思っている。
短期集中のいいところは:
1.モーチベーションを保ちやすい
2.集中力を発揮できる
3.好奇心を持って楽しく学べる
これが長期になると、上記の3つはことごとく萎えていく。
何のために英語を学んでいるのか分からなくなり、返って英語嫌いになる場合がある。
短期集中を定期的に繰り返しながら、知識を積み上げていくのが理想かも。
何事も、惰性になってはダメなのだ。

posted by しゅ at 23:25| 東京 🌁| Comment(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

現在完了

今日のトピックは現在完了形(have + 過去分詞)。
日本語にはない用法だ。
例えば、「鍵を失くした」と言うとき、英語では2通り言うことができる。
I lost my key. と I have lost my key. 
どちらも失くした事実は変わらないが、後者は未だに見つかって
いないというニュアンスを伝えることができる。haveがあるだけなのに。
日本語にも、このhaveのような便利な語があればいいのにと思う。

posted by しゅ at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。