2009年11月12日

お知らせ

仕事用のサイトを公開しました。

http://www.effectcom.net/

たくさんの方に訪問していただけるよう、
頑張ります!



posted by しゅ at 01:36| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

お久しぶりです

現在、仕事用のサイトを制作中。
毎日ウキウキしながら、準備中のページを
眺めております。
このブログも、少し整理しないとね。
posted by しゅ at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

明けまして・・・

・・・って、気づけば1月ももう終わり(爆)

いやはや、12月に何とか逃げ切ったと思ったら、1月も引き続き追われて
おりました。あの、念のためですが、警察にではなく仕事にです(笑)

しかし、これは嬉しい悲鳴である。
1月後半に入ってやっと少し落ち着いてきたが、これからも油断することなく、
貪欲に仕事を開拓していかねば。

やっとブログに向かえる精神的余裕も出てきたので、これからまたボチボチ
書いていきます。

posted by しゅ at 12:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

明日からスタート

土曜日の講座が、明日からスタートする。
2つの講座のうち1つは新規。さて、どんな感じになるやら。
もう1つは今回で3回目。それでもまだまだ試行錯誤だ。
ありがたいことに、2講座とも満員御礼。
受講生が減っていかないよう、楽しい授業をしよう。

posted by しゅ at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

脳から学ぶこと

今日、1冊の本を買った。
茂木健一郎氏の『脳を活かす仕事術』だ。新聞広告によると、すでに25万部も売れているらしい。同じシリーズの『脳を活かす勉強法』は76万部とのこと。

ところで、『脳を活かす勉強法』の中にずっと気になっている一文がある。それは、「できることを続けても脳は喜ばない」という文だ。この本を読んだのは結構前なのだが、様々な勉強法のアドバイスよりも、この言葉の方がずっと強く印象に残っている。そこで己に問いかける。自分はどうだろう、と。いい仕事をしていると思うし、皆に喜んでもらえている。それなりの結果も出している。なのに、何だか達成感がない。これはまさに、できることを続けている「だけ」だからなのではないかと思った。仕事をする前の段階で、既にある程度結果が分かっている。今回もうまくいくだろう、これまでもうまくいったから、と言う具合に。

自分は決してラクをしているとは思わないが、確かに「やった!できた!」と思わずガッツポーズをしてしまいそうな感覚を、昨今味わっていないような気がする。「脳は苦しければ苦しいほど、その後の喜びは大きく、より強化」され、「その苦しい状況を何とかして突き抜けた時、脳は一番喜びを感じる」のだそうだ。そして、「不確実なものに挑戦できた時、脳は強くなる」らしい。できることは質を落とさず続けながらも、常に何か新しいこと=不確実なことにもトライする気持ちを失ってはいけないと痛感。いくつになっても、守りに入り過ぎてはいけない。現状維持は停滞だ。

posted by しゅ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

本屋は危険

また買ってしまった・・・
木曜日の話だが、仕事の帰りに新宿で降りて、ジュンク堂と紀伊国屋へ行った。
最初はビジネス英語関連の教材を1、2冊だけ買うつもりだったのが、あれこれ見ている
うちに手に取る冊数が増え、気がつくと4冊も購入していた。うち3冊は洋書なので
高いったらありゃしない。これでもずい分我慢した方だ。1万円が一瞬で消え去った(泣)

それにしても、本屋にいると時間があっという間である。この日も3時間以上はうろついて
いた。買った本がずっしり重く、フラフラしながら帰宅。今はそんな苦労をしなくても、
ネットで簡単に本が買える時代だが、やはり私は本屋派である。気になる本を1冊1冊
手に取り、パラパラとページをめくる。他の本と比較しながら、時間をかけて選ぶのも楽しいものだ。その時の懐具合と相談しながら取捨選択し、次への楽しみを残しつつ本当に欲しい本だけをとりあえず買う。ネットだったら、あれもこれも全部クリックしてしまいそうで恐過ぎる(笑)

さて、問題は棚のスペース確保。

posted by しゅ at 23:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ひとつのことを続けること2

今日、オリックスの清原が引退した。23年間のプロ野球生活だったそうだ。
別に私はファンではないし、それどころか彼の独特な風貌やマナーなど、あまり好きでは
なかった。なぜこんなにも人気があるのだろうと、いつも不思議に思ったものだ。
そのイカツイ清原が試合終了後の引退挨拶で、涙を流しながらファンに感謝の言葉を
述べ、「色々あったが、野球をやってきて本当によかった」と言っていた。

人はなぜ清原をヒーローにするのか。
それは多くの人々が、彼の持ち続けた執念に共感するからではないかと思う。
人々の記憶には23年前の、巨人に指名されず悔し涙を浮かべる清原の姿が、目に焼き
付いているのだろう。

理由は何であれ、清原はひとつのことを続けそしてやり遂げた。どんなにボロボロに
なっても辞めず、野球に食らいついていった執念。人々はその執念に拍手を送っているのだと思う。

posted by しゅ at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

EQについて

ずっと前に買って、まだ読んでいなかったEQの本を読み始めた。
EQ(=Emotional Intelligence Quotient:心の知能指数) とは、自分や他人の感情に敏感に反応でき、すぐれたコミュニケーション力を発揮するための能力のことで、IQ(=Intelligence Quotient:知能指数) に勝る能力とされている。以前、外国人の知り合いが 'Emotional Intelligence' という本を読んでいたのだが、実はまさにその本が、EQという考え方を世に送り出した最初の本だったらしい。今私が読んでいるのは日本語の本だが、近いうちに洋書も読んでみよう。

Emotional Intelligence Emotional Intelligence
価格:¥ 1,920(税込)
発売日:1997-07

しかしEQを意識していると、今並行して読んでいる、禅の本に出てくる道元に思いが向く。彼のIQの高さは相当なものだったと思われるが、EQも稀に見る高さであったと思う。だからこそ多くの弟子に慕われ、彼の教えが何百年も受け継がれているのであろう。道元と一緒に仕事をしたらどんな感じかなあ、厳しそうだなあ、などと、EQから禅に思い(妄想?)をめぐらす。

posted by しゅ at 23:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

ひとつのことを続けること

昨夜は渋谷にライブを聴きに行った。ミュージシャンの名前は、村松健。
彼の曲を聴くようになって6年。こじんまりとした場所でのアットホームなライブの
雰囲気が好きで、近くで演奏があるときにはよく聴きに行っている。
彼は大学在学中にデビュー。もう20年以上音楽をやっている計算になる。
実際にはもっともっと長い時間、音楽そのものには関わっているのだろう。

ライブを聴きながらふと、「ひとつのことを続けるってすごい」と思った。
自分の好きなことを、ただひたすら追求していけること。
不安や迷いがあっても、ぶれないものって何だろう。

彼のピアノを聴きながら、自分の20年間を色々と考えた夜でした。

posted by しゅ at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

今日は祝日

会社勤めを辞めてから、祝日のありがたさに鈍感になった。
今は、曜日あまり関係なく仕事をしているため、毎日が
日曜日状態の時もあれば、家にひきこもって仕事をする
時もある。一番大変なのは、つい怠けようとする自己を
管理すること(笑)

posted by しゅ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。