2008年09月10日

TOEIC

個人的にはあまり好きではないのだが、ちょっと一言。
TOEICのパート7では、とにかくこれでもかというくらい色々なビジネス文書を
読まされる。前半のリスニングで既にかなり疲れているところに、あの量である。
読んでいると、もうどうでもよくなってきたりもする。

時間配分として、パート7の設問は1問1分で(1題ではない)解けると、かなり
時間的に余裕が出るはずた。問題を単独で解いてみると、1問1分というのは
結構ラクなのだが、あれが何題も続くとやはりスピードダウンする。

このパートをうまく乗り切るには、「読む」というよりも「探す」「認識する」「気付く」と
いった能力が必須。速読テクニックである skimming や scanning をオートマチックに
使えれば、1つの設問を数秒で解くことも可能だ。
英語は、じっくり取り組まない方がいい結果が出ることもある。
TOEICがそのいい例ではないだろうか?

ただ、それが本当の英語の実力か?というと、非常に疑問ではあるが。



posted by しゅ at 23:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。